アバナフィル体験談

アバナフィル体験談を詳しく解説ご紹介

最新のED治療薬アバナフィルについての体験談詳しく書いています。アバナフィルの事を詳しく知りたい方には必見です。

アバナフィルの歴史

 

アバナフィルは元々は、日本の田辺三菱製薬が即効性で副作用の少ない勃起不全治療薬として開発をすすめていた薬で、2001年2月に日本およびアジアの一部を除く全世界における開発・販売権をアメリカのヴィーヴァス社(本社:米国カリフォルニア州)に譲渡しました。

 

その後、ヴィーヴァス社はPDE5阻害剤「TA-1790」(一般名:アバナフィル)として、2012年4月27日FDA(アメリカ食品医薬品局)にて承認され、ステンドラという商品名で発売されました。

 

欧州では、ヴィーヴァス社が、2012年3月に勃起不全治療薬としてSPEDRAという商品名で承認申請をし2013年6月26日に承認が下りました。
韓国ではJWファーマか2011年10月より製品名「ZEPEEDR」で販売を始めています。

 

日本でのアバナフィルの販売は、かなり先の話になると思いますので、当面は個人輸入などで海外から購入するしかない状況です。

 

レビトラよりも即効性があり、シアリスよりも食事の影響を受けないと言う事が売りですので、今後に期待できる第4のED治療薬になる事は間違いありません。

 

ですので、『レビトラとシアリスの強み』をあわせて更に効果が改善されたED治療薬と言われています。

 

アバナフィルは、50mg 100mg 200mgの用量で発売されていて、最初は100mgから使用することが推奨されています。

 

これで、ED治療薬の選択肢が4つに増える事で、いままでのED治療薬に満足できなかった人や、副作用でなかなか合わなかった人などの救済になるかもしれません。

 

特に即効性と持続時間の長さで人気のあるレビトラを副作用などで使用できなかった人には、レビトラと同じかそれ以上の即効性を味わう事が出来る可能性があります。

 

アバナフィルやその他のED治療薬についての詳しい情報はこちらをご参照ください。

 

アバナフィル体験談

 

私は、今ままでいろんなED治療薬を試してきましたが、今は通常はレビトラ20mgで、旅行などでは、持続時間の長いシアリスを使うなどしてED治療薬の使い分けをしてきました。

 

今回アバナフィルが発売されたと言うので、早々個人輸入で購入し体験してみました。

 

アバナフィルの推奨は最初は、100mgからということでしたので、100mgを購入しました。1箱に4錠入りで箱は何とも言えない毒々しい赤が印象的です。

 

今までの、ED治療薬の経験上、どの薬も空腹時に飲んだ方が、効き目がいい事が分かっていましたので、今回はあえて食事中にこのアバナフィルを飲んでみました。
彼女と食事をしている間に、すでに股間にはいつもと違う違和感が現れていました。

 

若いときに素敵が彼女ができて、普通にデートしているんだけど、股間は興奮していて、どうしようもないなんて経験を持っている方も多いと思いますが、そんな懐かしい感覚です。

 

その後、すぐにホテルに行ったのですが、股間は勃起したままです。

 

私の感覚では、食事にはほとんど影響されていない事と、吸収が凄く早くて効果がすぐにでる感じです。

 

今まで、レビトラを食事中に飲んだ事が一度もありませんので、比較できませんが食事のすぐあとに飲んだ事がありますので、それと比べるとアバナフィルの方が少し効果が高いような気がします。

 

食事直後のレビトラの時は、2回戦目が中折れしてしまった経験があります。

 

副作用としては、いままでと同じで私の場合には、何となく体を熱くなる程度で、強い副作用はありあせんでした。

 

元々このアバナフィルは、即効性で副作用の少ない勃起不全治療薬として開発されてきただけあってそれは嘘ではないようです。

 

アバナフィルは、ステンドラのジェネリック医薬品になるので、レビトラのジェネリックと比べて、コスト的にどちらが得になるかと言う感じですが、価格的には、アバナフィルがレビトラのジェネリックよりも高くなる事はないと思いますので、使用感で決める事になると思います。

 

私の経験では、アバナフィルは、今後レビトラと同じような使い方になって、いざと言うときに便利な即効性のレビトラが合わなくて使えなかった人には、副作用がこちらの方が低いようですので、レビトラの良さを経験できる福音になると思います。

 

アバナフィルは元々は日本製ですので、その意味でもかなり信頼できる今後注目のED治療薬になると思います。

 

他のED治療薬でも同じですが、やはり性感が少し鈍くなりますので、早漏の人は改善が期待できます。

 

アバナフィル体験談を見てアバナフィルやその他のED治療薬について更に詳しい情報を知りたい方はこちらでご覧ください。

 

アバナフィルの副作用

 

アバナフィルは他のED治療薬と同じで勃起を阻害するホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)酵素の働きを抑制し勃起を改善する薬です。

 

その意味では、起こる副作用は、だいたい同じものだと思っていただければいいと思います。
アバナフィルは基本的に副作用をかなり抑える事をこの薬の開発の一つにしていましたので、今までどれもダメだったけど、アバナフィルなら大丈夫と言う人が出てくる可能性は十分にあります。

 

症状としては、

 

・顔の火照り
・動悸
・めまい
・血圧の変動
・鼻が詰まる
・頭痛

 

などが一般的ですが、副作用に関しては最新のED治療薬という事もあり、出る頻度は少ないものと思われます。
副作用が出ても数時間で消えてしまうのが一般的です。

 

以下の人はアバナフィルを飲んではいけません

 

・硝酸剤又は一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビドなどを服用している人
・最近6ヶ月以内に心筋梗塞を経験した人
・最近6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血を経験した人
・CYP3A4を強く阻害する薬剤を使用している人
・抗真菌薬(ケトコナゾール・イトラコナゾール)及びHIV治療薬を使用している人
・抗生剤 (クラリスロマイシン・テリスロマイシン)を使用している人

 

以下の人はアバナフィルを注意して飲んで下さい

 

・降不整脈薬あるいはαブロッカーと呼ばれる降圧薬を服用している人
・過敏症の人
・心血管系障害等により、性行為自体が不適当と考えられる人
・コントロール不能の低血圧または高血圧の人
・出血障害のある人
・肝臓疾患のある人
・腎臓疾患のある人
・PDE5阻害剤またはほかの勃起不全治療剤を使用中の人

 

アバナフィルの副作用を十分にお分かり頂けたら実際の商品を見てみましょう!

 

アバナフィルの個人輸入

 

アバナフィルは現在日本では、販売許可が下りていません。

 

日本は、薬の許可が下りるのに時間が掛かる事で有名ですので、医師が処方できるようになるのはかなり先になると思います。

 

現時点では、アバナフィルは海外から個人輸入して購入する以外に方法がありません。

 

薬はある一定量までなら、個人で輸入することが法律で許されています。

 

医薬品等の個人輸入について

 

個人輸入といっても自分で輸入することも可能ですが、複雑な書類が必要ですので、個人輸入の代行業者に頼むのが一般的です。

 

通常は、ネットから注文を出せば、後は待っていれば1週間ほどで薬が送られてきます。

 

ですが、この輸入代行業者には偽物の薬を平気で販売しているところが多く存在しており、製薬会社の調べで、輸入されている薬の8割が偽物だったなどの報告も出ています。

 

アバナフィルを購入する時には、十分に注意をして、怪しいショップには絶対に手を出さないようにしましょう。

 

アバナフィルやその他のED治療薬について更に詳しい情報をご覧になりたい方はこちらをご参照ください。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ